賃貸アパートの空間利用

賃貸アパートの天井の高さについて

賃貸アパートの部屋の天井高さはどのくらいが良いのか、高すぎれば室温を保つためのエアコンの使用率が多くなりますし、低すぎてしまえば身長の高い人からの利用が無くなるなどのデメリットが生じてしまいます。
一般的に、賃貸アパートの天井高さと言うのは2,400mmが標準だと言われており、これよりも高いとエアコンの利用率が高くなり、低い場合には身長が大きな人からの利用が少なくなると言ったデメリットに繋がると言われています。
賃貸アパートは入居者がいる時には家賃収益を得られますが、退去してしまう事で収益は無くなります。
幅広い人が利用出来る事が入居者確保に繋がるため、身長が大きな人でも快適な部屋にすることもアパート経営には必要となるわけです。
尚、天井の高さは2,400mmが標準となりますが、照明器具などの中にはペンダントランプなどの吊り下げ照明器具も在ります。
吊り下げ照明器具を設置する場所はダイニングルームなどが多くなりますが、賃貸アパートを借りる時には天井の高さを計測しておいてから吊り下げタイプの照明器具を選ぶことがお勧めです。
尚、高さが低い場合などでは、一般的な蛍光灯やLEDなどの照明器具を利用するのがお勧めです。

賃貸アパートの空間利用とは

賃貸アパートの空間利用とは 3月から4月にかけては賃貸アパートを借りる人が増えて来ます。賃貸アパートを借りる時のポイントはいくつかありますが、その中の一つが空間を上手に使うことが出来るタイプかどうかです。
例えば、その建物の専有面積が70平方メートルであっても70平方メートルが有効に使いやすいアパートかどうかはわかりません。実際に住んでみると、その空間がとても無駄になっていることが多いのです。
例えば、動線です。動線とは住宅の中で人間が歩く線です。この動線がいい加減に考えられていると住宅の中を有効に使うことが出来なくなります。
よくあるのは玄関からキッチンまで遠い造りです。この場合玄関に用事があったとしても動きにくく距離が遠く感じることから適度な距離や歩きやすい動線である必要があります。
逆に、1人暮らしの住宅でよくあるロフトのベッドなどは空間が有効に使われていると言えます。
では、なぜ空間を有効に使った方がいいのでしょうか。それは有効面積で家賃が決まるからです。2つの賃貸住宅があり、有効面積が同じ場合に、無駄なスペースがなければ同じ家賃でもより有効に使える物件の方が良いでしょう。
このように普段あまり気にしない賃貸物件のスペースも意識しておくとより住みやすい賃貸物件を見つけることができます。


Valuable information


カードプリンターの導入


実務者研修を受けましょう


Last update:2020/9/16