賃貸アパートの特徴と進化

賃貸アパートの特徴

賃貸アパートは木造であることが多く、鉄筋コンクリート造のマンションに比べ、通気性が高い特徴があります。
通気性が高いことで断熱性も高くなり、暖かく過ごせる他、吸湿性も優れているので、湿気の多い日本でも快適に過ごせます。
また、通気性が低く、冬場の結露が出にくいのも特徴の1つです。
賃貸アパートは、家賃を安く設定している所が多く、管理費もほとんどかからないので、住居費を少しでも安く抑えたい人にはぴったりです。柱が細い分、室内が広く使え、家具の配置をしやすいメリットもあります。
賃貸アパートの1階は、階下がないので、下の部屋に歩く音が響く心配がありません。
また、荷物の出し入れも楽にできます。2階は、日当たりが良いのが特徴です。日当たりが良いことで、室内が明るくなります。
また、階段を上り下りすることで、適度な運動にもなります。賃貸アパートを選ぶ際は、1階と2階どちらが自分に合うか、よく考えて選びましょう。

賃貸アパートはこれからどう進化していくのか

賃貸アパートはこれからどう進化していくのか アベノミクスにより空前の建築ラッシュとなっていますが、内情を探ると需要と供給のバランスが取れていない事が分かります。
高齢化、少子化の影響で供給に対し需要が圧倒的に少ないのが現状です。これを生き残るにはニッチな要望にこまめに応えていくスタンスが求められます。
まず不動産会社は店舗で客を待つという時代から、ユーザー側が「不動産検索サイト」にアクセスし、パソコンやスマホでサイトに要望を伝えるとそれにマッチした賃貸アパートの情報を送ってくれる時代へと進化しつつあります。まさに至れり尽くせり。
物件の様子は動画で示され、敷金、礼金、保証人なしでサイト上で一発契約が可能です。これにより下見もせずに契約をする人も多いと聞きます。これは賃貸アパートの持つ強みと言えますね。
こうした手法により確実に集客を狙うのであれば、「デザイナーズ」「景観」「女子向け」「猫専用」「リノベーション可」など時代のニーズに合わせた付加価値を備えたものへと物件そのものを変えていく事が今求められています。
また、コミュニティを必要、重視する若者が増えている傾向を踏まえたシェアハウスも今後増えていくことが予想されます。
他方で、新宿や渋谷など都心に住むことのみを重視した四畳半程度のミニマム物件も人気だというのでそちらも見逃せませんね。
これからは時代の進化に合わせた柔軟な「おもてなし精神」が顧客の心を掴むのかもしれません。

check

2019/8/2 更新